【飲み薬は危険!!】爪水虫の妊婦でも治療できる唯一の塗り薬はコレ!!

爪水虫の妊婦の治療

 

爪水虫の妊婦

妊娠中や授乳中に、足や手の爪が水虫になってしまった・・・
爪水虫の治療をしたいけれど、お腹の中の赤ちゃんに影響はないのか心配になりますよね??
このサイトでは、妊婦さんが爪水虫にかかった時の治療法をご紹介しています。
爪水虫の治療を写真つきで公開しているので、よかったら参考にしてみてくださいね!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

爪水虫の妊婦

 

妊婦でも使用できる爪水虫治療薬のサイト【目次】

爪水虫の妊婦さんの治療法!爪水虫の薬は使えるの??

爪水虫の妊婦

一般的な爪水虫の治療について

爪水虫の治療方法は、錠剤などの飲み薬を服用しながら塗り薬を塗るか、塗り薬だけを塗って治療をする方法が一般的です。

 

爪水虫は自然治癒することがありません。
爪水虫の原因となる「白癬菌」に一度侵されると、放っておいても治ることがなく、どんどん悪化してしまいます。
そのため、足や手が水虫になった場合、放っておかずに必ず治療をすることが必要になります。
爪水虫は命に関わる病気ではないので軽視されがちですが、とてもやっかいな病気なのです。

 

特に健康状態に問題がない方は、皮膚科など病院の先生に診察をしてもらい「イトラコナゾール」などの内服薬と塗り薬を使って爪水虫の治療に入ります。爪水虫の治療には時間がかかります。
爪水虫に感染している爪が生え変わるまで治療が続くため、半年~1年間は治療を続ける必要があるとされています。

 

爪水虫の治療は、妊娠を希望している方や妊婦さん、授乳中のママさんも授乳期間が終わるまでは治療に入ることができません。

 

妊婦さんの場合は内服薬を飲んで治療をすることができません。
爪水虫を治療する際に処方される内服薬は、身体の中から白癬菌を退治する効果がありますが、お腹の赤ちゃんにまで薬の成分が届いてしまう可能性があります。
お腹の赤ちゃんへの影響だけでなく、腎臓や肝臓などの臓器に副作用を及ぼす危険性もあるのです。そのため妊娠中の妊婦さんや授乳中のママは飲むことが出来ないのです。
お腹の赤ちゃんに影響が及んでしまう可能性があるので、内服薬を飲んで治療をすることが出来ないとされています。

 

実際にこの飲み薬の注意すべき点に、『妊娠または妊娠している可能性のある婦人』は飲んではいけないと記載されています。
病院の先生も、妊婦さんに飲み薬を処方することはないと思いますが、診察の際には「妊娠中または妊娠を希望している」旨を必ず伝えるようにしましょう!
妊娠している妊婦さん以外にも、

  • 妊娠している可能性のある方
  • 妊娠を希望している方
  • 授乳中のママさん

も内服薬での治療は受けられません。

 

爪水虫の治療に使われる内服薬は、治療の効果はあるものの、成人でも薬が身体に合わずに継続できない方や臓器に副作用の危険性があり身体に負担がかかってしまうため、血液検査をして経過を見ながら治療を進めていきます。
身体や精神面で負担がある為、飲む薬を飲んで治療をすることに抵抗を感じる方は少なくありません。

 

爪水虫の治療に処方される飲み薬で起こる可能性のある副作用

・腎臓や肝臓などの機能障害

 

一方、飲み薬よりも身体に負担が少ないのは「塗り薬」を使用した治療法です。
内服薬を飲めない方は、塗り薬を塗って爪水虫の治療を進めていきます。

 

病院で処方される塗り薬は、妊婦さんでも処方されます。
妊婦さんの場合は、この塗り薬を使用して治療を進めていくことになるでしょう。

 

しかし、妊娠中や授乳中での安全の確認が取れていないので、100%安全とはいえないのが現状です。
万が一、お腹の中の赤ちゃんに悪い影響が出てしまったら…と考えると、不安になりますよね??

 

爪水虫の治療用の飲み薬は妊娠中の妊婦さんや授乳中でも飲めるの??

爪水虫の妊婦

 

皮膚科の病院で処方される飲み薬には「ラミシール」や「イトラコナゾール」などの内服薬があります。
これはどちらも白癬菌を退治する『抗真菌薬』で、身体の中の白癬菌を殺す働きがあり、爪水虫の治療薬として使用されています。
しかし、最初にもお伝えしたとおり、この内服薬は妊婦さんは飲むことが出来ません。
妊娠中の飲み薬はお腹の中の赤ちゃんの安全性が確立していないため、医師からも内服薬を使用した治療はおすすめできないのです。

 

爪水虫の治療用の塗り薬は妊娠中の妊婦さんや授乳中でも使えるの??

爪水虫の妊婦

 

妊娠中の爪水虫の治療には、塗り薬を処方してもらって、外用薬を患部に塗って治療を始めることも可能です。
爪水虫の塗り薬は、飲み薬よりも効果が弱いとして「治療効果が期待できない」という話も耳にします。

 

飲み薬と塗り薬を併用して治療をするより効果が弱いかもしれませんが、硬い爪へ成分が浸透する爪水虫専用の塗り薬なら、治療効果が期待できるのです。妊娠中の妊婦さんの場合は飲み薬が飲めないので、外用薬を使った治療がメインとなるでしょう。

 

病院で処方される「クレナフィン」や「ルコナック」などの新薬は、爪水虫の治療に高い効果を実感している方も多いのです。
足や手の爪がボロボロで、爪水虫の治療を考えていらっしゃるのでしたら、一度皮膚科を受診してみましょう!

 

しかし、「クレナフィン」や「ルコナック」などの塗り薬は、爪の白癬菌を殺す殺菌成分が強く、爪水虫治療への効果が期待できるのですが、妊婦さんへの安全性が100%確認されていないのが気になるところです。。。病院の先生によっては、塗り薬も処方しない先生がいらっしゃるそうです。

妊娠中の妊婦さんや授乳中のママが使える唯一の薬はコレです!

「もしかして、妊娠すると爪水虫を治療することが出来ないの??」と思いますよね。

 

爪水虫の妊婦さんが安心して使うことが出来るお薬はあるのでしょうか??
市販されている爪水虫の塗り薬は硬い爪の奥深くに浸透しにくく、「爪水虫に効果がないのでは??」との情報があります。
というのも、市販されている爪水虫の薬は、硬いタンパク質の爪の奥に浸透しない製品が多いのです。
実際に薬局やドラッグストアでは、爪水虫専用に開発された薬があまりないのが現状です。

 

しかし、今は新しく爪水虫専用に開発された塗り薬が注目を浴びているのをご存知でしょうか??

 

その塗り薬が「クリアネイルショット」というお薬です。

爪水虫の妊婦

 

クリアネイルショットは、爪水虫専用に開発され、妊娠中の妊婦さんや授乳中のママさんでも使用できる唯一の塗り薬です。植物由来の成分を使用していて、強い成分を含んでいないので身体に負担をかけることなく爪水虫の治療に使える塗り薬なので、薬を服用できない方から注目を浴びている商品です。

 

クリアネイルショットは通販で購入することが出来ます。病院の処方箋がなくても購入できるので、わざわざ病院に通院しなくても自宅で簡単に購入できるところが魅力ですね。

 

爪水虫は命に関わる病気ではありませんが、原因菌の白癬菌は周りの人に移る可能性があるため、放置することで赤ちゃんに白癬菌が感染してしまう危険性もあるので心配ですね。自分が爪水虫かな??と感じたら、放置せずに早めの治療が大切です。

 

【写真付き】実際に爪水虫に効果はあるのか試してみました!

妊婦さんにオススメの爪水虫の薬『クリアネイルショット』
妊婦さんではありませんが、母の足の爪が水虫なので、クリアネイルショットを購入しました!クリアネイルショットの口コミと効果を写真付きでご紹介しますね!体験談の効果は個人差がありますが、ぜひ参考にしてみてください^^

 

クリアネイルショットは妊娠中の妊婦さん、授乳中のママでもお使いいただけます

クリアネイルショットは、日本で開発された爪水虫専用の塗り薬です。通販サイトで購入することが出来ますよ。
クリアネイルショットを公式サイトから注文をすると、このような可愛らしい封筒に入って商品が届きます。クリアネイルショットは人気の商品らしく、注文をしてから配送までに時間が掛かりそうでしたが、私の場合は1週間もかからないで商品がポストに届いていました!

クリアネイルショットの口コミと効果

 

A4サイズの封筒なので、スリムなポストでも問題なく入るサイズだと思いますよ。昼間は仕事で家にいないので、ポスト投函だと嬉しいですね。封筒を開けると、クリアネイルショットと、ご案内の冊子、クリアネイルショット読本(使い方説明書)などが入っていました。

 

クリアネイルショットの口コミと効果

 

クリアネイルショットの販売会社は、東証一部上場企業の(株)北の快適工房さんという会社が開発された商品です。他にも便秘に効果のある「カイテキオリゴ」というオリゴ糖が有名だと思います。私は以前カイテキオリゴを飲んでとても効果があったので、クリアネイルショットも効果が期待できそうで楽しみです^^

 

こちらが、クリアネイルショットです。
思ったよりも小さいです!

 

クリアネイルショットの口コミと効果

 

小さいので、持ち歩きに便利なサイズですね。最初見た時は、こんなに小さくて1か月持つのかな??と思いましたが、1本で約1か月使えるそうですね。

 

クリアネイルショットの口コミと効果

 

中のジェルを出してみると、少し白濁したジェルが入っていました。容器の先端が細くなっているので、爪水虫にピンポイントで塗ることで出来そうです!クリアネイルショットは「塗りやすい」という声が多かったのですが、この容器が特徴になっているようですね!

 

クリアネイルショットの口コミと効果

 

手に取ると、サラッとしています。
香りを嗅いでみると、メントールのような独特な香りがします。クリアネイルショットの口コミを調べると、一部で香りがニガテという口コミがあったのですが、ハッカの香りがニガテな方だとキツイかもしれません。
私や実際にクリアネイルショットを使用する母は、そこまで強い香りだと感じませんでした。爪水虫に塗るときは手で伸ばしますが、手を洗うと香りが残らないので、気になる場合はハンドソープなどで手を洗うことをオススメします。

 

さっそく、届いたその日からクリアネイルショットを使用してみました。
クリアネイルショットの使い方は簡単で、【1日1回爪水虫に塗る】たったこれだけなんです!
効果的に使うポイントとして、塗る前は必ず足と爪、足と爪の間をよーくと洗って乾かしてから使用します。
塗った後はベタベタしないので、乾いたらそのまま何もしないで放置してOKですよ。

 

使うのは母の爪水虫ですが、クリアネイルショットを使う前の状態の足の爪はこんな感じです!

クリアネイルショットの口コミと効果

足の爪の薬指と小指がボロボロですね!汗
母は随分と爪水虫を放置していたので、治るまで時間がかかりそうです。。。

 

クリアネイルショットを使って1週間後

母の足の爪にクリアネイルショットを使い始めてから、1週間が経過しました。1日1回塗れば良いので、母も「簡単で良かった~!」と言っていました。朝晩の2回だと忙しい時に塗りそびれてしまいそうですが、クリアネイルショットはケアがとても楽なのが嬉しいですよね。
ちなみに、1週間だとまだ爪に変化は起きていません。

 

クリアネイルショットを使って3週間後

クリアネイルショットの口コミと効果

 

クリアネイルショットを使って3週間が経過しました。この↑写真では分かりにくいですが、古くなったボロボロの爪が少しずつ柔らかくなってきたそうです。手で触ってみると、ボロボロでガサガザしていた足の爪の手触りが良くなったようです。

 

クリアネイルショットを使って1週間後

クリアネイルショットを使って1か月が経過しました!爪水虫の症状がひどかった薬指と小指の爪が少しずつ剥がれてきました。古い爪が剥がれましたが痛みはなく、お風呂で洗っているときに自然とポロっと剥がれたそうです。
実は、母は市販の水虫薬を爪水虫に使ったことがありますが、そのときは爪に変化がなかったそうです。
ちなみに、クリアネイルショットは小さな容器ですが、1カ月使用することが出来ましたよ。

 

それでは、1カ月経過した母の爪水虫の状態をご覧ください↓↓
まずは治療前の爪水虫ビフォー写真はコチラ!!

クリアネイルショットの口コミと効果

 

足の爪がボロボロの状態ですよね。
それでは、クリアネイルショットを使って1か月後の爪水虫アフター写真がコチラ↓↓

クリアネイルショットの口コミと効果

 

見て下さい!ボロボロだった爪水虫が、あきらかに変化しています。
古い爪が剥がれたのが見て分かりますよね!?

 

もっとアップの写真がコチラ↓

クリアネイルショットの口コミと効果

 

1カ月前と比べて、足の爪が綺麗になっているのが分かります。
まだ完全に治っていませんが、これはクリアネイルショットの効果だと思います!使い始めの頃は効果があるのか不安そうにしていましたが、クリアネイルショットを使って効果を感じたので、母も満足みたいです^^
爪水虫が完治するには時間が掛かるそうなので、これからもクリアネイルショットで治療を継続してみたいと思います♪

 

母は、いまクリアネイルショット2本目を継続中です↓↓

クリアネイルショットの口コミと効果

 

 

今までは爪水虫専用の塗り薬は売っていませんでした。足の爪が水虫になったら、『水虫用』の薬を塗ることが多かったのです。原因は同じ白癬菌なのに、、水虫用の薬を爪に塗っても爪水虫には効果がありません。
硬い爪の内部に浸透する「爪水虫専用」の塗り薬でないと効果がないそうです。

 

爪水虫の治療は皮膚科を受診することが一般的ですが、妊婦さんや授乳中だと、飲み薬や塗り薬を使った治療が出来ないことが多いのが現状です。
爪水虫を放置したままだと、生まれた赤ちゃんに感染する可能もありますので、もし爪水虫でお悩みでしたら、なるべく早めに治療をすることが大切です!クリアネイルショットは、公式サイトから購入すると全額返金保証制度もあるのでリスクなく試すことが出来るでしょう。
良かったら公式サイトもチェックしてみてくださいね^^

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

爪水虫の妊婦

 

 

 

爪水虫の原因と予防対策まとめ

爪水虫の妊婦

 

爪水虫にならないためにはどうすればよいのでしょう??
爪水虫になる原因が「白癬菌」です。この白癬菌は、水虫の原因と同じカビ菌なのです!
爪水虫は突然なる症状ではなく、足に白癬菌が住み着いていた可能性があるのです。
そのため、爪水虫を予防するには、水虫菌にかからないようにすることがポイントとなります。

 

爪水虫の3つの予防法
足を洗って清潔にすること

爪水虫の妊婦

帰宅したら、足を清潔に洗うようにしましょう。足の指の間や爪の間まで念入りに洗うことで、白癬菌を洗い流すことが出来ます。
足を念入り洗った後は、しっかりと水分をふき取ってよく乾燥させてあげることがポイントです。
白癬菌は湿り気のある所が大好きなので、湿ったままの足でお部屋を歩き回らないようにしましょう。

 

毎日同じ靴を履かないようにすること

毎日同じ靴を履くと、靴の中が乾燥していない状態になり、靴の中に白癬菌が繁殖してしまいます。
履きやすいお気に入りの靴も、毎日履くのは禁物です!靴は数足準備して、毎日同じ靴を履かないように心掛けましょう。

 

また、なるべく足が蒸れにくい通気性の良い靴を選ぶこともポイントです!

 

こまめにお部屋の掃除をする

足に白癬菌がついてしまっても、きちんとお部屋の掃除をすることで、未然に白癬菌の感染を防ぐこともできます。
足に付いた白癬菌が剥がれて床やカーペットに落ちてそのまま長時間放置すると、白癬菌に感染しやすくなります。お部屋の中はこまめに掃除機をかけ、拭き掃除をすることで白癬菌に感染するリスクを減らすことができます。

 

爪水虫の妊婦さんの治療方法サイトまとめ

爪水虫の妊婦

お腹の赤ちゃんの事を考えると、妊娠中は風邪薬などの薬を飲むこともままなりませんよね。
考えすぎは良くありませんが、万が一、これから生まれてくる赤ちゃんに影響があったら…
「あの薬のせいで」と一生悔やむことになります。
妊娠中は敏感な時期なので、なるべく身体や精神面に負担が少ないものを選んで、ストレスのない生活を送りたいですね。

 

爪水虫は、放置していても自己免疫力で自然に治ることがありません。
そのまま放置していると、生まれてくる赤ちゃんにお母さんの水虫が感染してしまうことも…
また、家族やペットにも水虫菌が感染する可能性が十分に考えられます。
もし、自分の爪が水虫の症状かもしれない、と爪水虫の疑いがある場合は、「たいしたことないから大丈夫」「治療するのがめんどくさい」と思わずに、早めに治療を進めることが大切です。ご自分の納得いく形で治療を進めてみてくださいね^^

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

爪水虫 妊婦